鷲林寺

西山浄土宗の寺である。ご本尊は弥陀三尊である。

住所 :日高郡由良町三尾川155
最寄駅:駅から1.5km、車5分、徒歩15分
駐車場:なし

西山浄土宗の寺である。ご本尊は弥陀三尊である。開基についてはつまびらかではないが、禅宗僧ぜんしゅうそう位牌いはい2基にき祀られている。一つは南北朝時代の弘和こうわ4年(1384)のもので、もう一つは、室町時代の享徳きょうとく3年(1454)のものである。元は法燈国師の開基で禅宗の寺院であったといわれる。その後の記録、過去帳によると、「能仁寺のうにんじ(広川町)で出家した適伝てきでんは、美濃みのの侍で、広庄ひろしょうの出で竹中一雨という。天正てんしょう年間還俗げんぞく高麗こうらいにて陣没じんぼつ」。開基の後、朝鮮ちょうせんの役で亡くなったもようである。木像中興開山「適伝上人」として祀られている。なまって「てきれん」と呼ばれている。明秀めいしゅう上人の流れをむ浄土宗に帰依きえし改宗したものと思われるとも書かれている。「日高鑑ひだかかがみ」の三尾川浦の項に「寺一軒浄土宗」とあり、「法蔵寺堺内改帳」に「浄土宗西山派法蔵寺ほうぞうじ末寺鷲林寺」とある。江戸時代初期、すでに、浄土宗寺院であったことがうかがわれるとある。現在の本堂は安永あんえい年間(1772~1780)霊空端瑞の再建であり、庫裡くりは現住・帯空侶章の再建である。また平成19年、230年ぶりに建て替えられ再建された。境内には室町時代の宝篋印塔ほうきょういんとうが祀られている。

PHOTO GALLERY

サイトマップ

<<由良町観光協会>>
〒649-1123和歌山県日高郡由良町大引960-1 TEL:0738-65-2522 FAX:0738-65-0909